テキスト編集に便利なWebサービス・フリーソフト


世の中には数多くのテキストエディタソフト・Webサービスがありますよね。みなさんそれぞれお気に入りのテキストエディタがあると思いますが,今回は私が仕事をする時にとてもお世話になっているテキスト編集ツールを3つご紹介します。

文字数カウンター:numMojiなんもじ

131004-text-edit-web-service-freeware-01
http://www.nummoji.kenjisugimoto.com/

文字数をカウントしてくれるWebサービスです。テキストボックスに入力(あるいはコピー&ペースト)した文章の文字数をすぐに表示してくれるので,ブラウザ上で文字数だけパッと確認したい時に超便利。私はSEO対策をする時に,タイトルやディスクリプションの文字数を確認するのによく使っており,手放せないツールです。

2013年10月11日には「リアルタイム保存機能」が追加され,うっかりブラウザを閉じてしまってもテキストが保存されるようになりました。ますます便利!

プログラムソースかんたん変換

131004-text-edit-web-service-freeware-02
http://filter.webings.net/

タブや改行,空白(スペース)を削除したり半角スペースに置き換えてくれたりするWebサービスです。さらに,「<」や「>」を「&lt;」や「&gt;」に変換(逆も可能)してくれる機能があり,重宝しています。




Notepad++

131004-text-edit-web-service-freeware-03
http://notepad-plus-plus.org/

言わずと知れたフリーソフトですが。先の「プログラムソースかんたん変換」では,タブや改行の削除など文字通り簡単な変換しかできません。もっと複雑な変換をしたい時は「Notepad++」の「置換」機能(Ctrl+H)を使います。

Notepad++「置換」機能の便利な使い方

例えば,HTMLで半角スペース3つをタブ代わりに使っちゃっているソースコードがあっちゃったりするときは,「検索文字列」に半角スペース3つを,「置換文字列に」タブを設定(タブは一度テキスト入力のできるところに入力してからコピペ)して「すべて置換」にすると,一瞬のうちに美しいソースコードができます。

他にも,これまたHTMLでなぜかいろんなところでタグとタグの間に不要な半角スペースが入っちゃっている場合。先の「プログラムソースかんたん変換」で「半角スペース⇒削除」を選択してしまうと,HTMLの文法上必要な半角スペースまで消えちゃいます。都合よく不要な半角スペースだけを消すには次のようにします。

半角スペース4つとかを消したい場合は,「検索文字列」に半角スペース4つを入力し,「置換文字列」を空白にして置換。半角スペース2つ,3つ,それ以上などもこれと同じ手順です。
消したいのが半角スペース1つの場合は,「検索文字列」に「半角スペース」+「<」を入力し,「置換文字列」を空白にして置換。これで,HTMLタグ内の必要な半角スペースを残したまま,タグ間の不要な半角スペースだけを消すことができます。

ポイントは,「置換文字列」を空白にすると「置換」ではなく「削除」ができる,というところです。便利ですね。

以上,私がテキストを編集する時に使っている便利なWebサービス・フリーソフトと,その便利な使い方でした。


コメントは受け付けていません。