カイエ・蕎麦ージュ


Responsive-Screen-Mockup-Pack

ラーメンよりも、うどんやお蕎麦といったやさしい味のものを好んで食べるようになってきました。
これが、大人の階段をのぼるということでしょうか。

制作部のやすです。

最近見つけたすごいお蕎麦屋さん「深川 ななつほし」さんをご紹介します。

国道12号線沿いにある、このお蕎麦屋さん

店内の喧騒がすごいです(ビジュアル的に)

DSC_6497_R

マンガ、パソコン、薪ストーブ!

古道具、人形、なんでもござれ!

宝の山から、メニューを発見!

DSC_6500_R

注文をとりにきた店主と雑談、

すること30分・・・

そろそろおなかがすいたよと伝えるやいなや、ここからが真のすごさ

物凄い勢いで蕎麦をうち始める店主

DSC_6475
DSC_6482
DSC_6491
DSC_6493

この間わずか3分!!

そう、なんとこのお店、注文を受けてから蕎麦をうつという斬新なスタイル!

うち終えた店主、いそいそと厨房へ

その間に店内を物色

DSC_6501_R
DSC_6502_R
DSC_6499_R

ん?

DSC_6504_R
DSC_6503_R

6枚、7枚・・・?

DSC_6507_R

!!! ギャル蕎麦・・・

もりそば2000円で食べ放題!

挑戦した方々の記録が壁に貼られているのでした。

そうこうしている間にお蕎麦が到着

DSC_6508_R

十割蕎麦なのに、粉っぽさも無く、ぶちぶち切れもせず、のどごしもつるん!

お蕎麦はあまり詳しくないけれど、これはかなり美味しい!!

聞けば、毎週札幌から食べに来る方もいらっしゃるとか・・・

お蕎麦好きの方、雑然とした店内に勇気がいるかと思いますが

一度行って見ては?

そしてギャル蕎麦に挑戦してみては?

「正直まったく儲からない!」

そうです。

「おすすめは、軟骨そばorもりそば」

だそうです。


The following two tabs change content below.
やす

やす

夏は薪を拾ったり割ったりし、冬はそれを燃やして暖をとる生活に憧れて、北海道にやってきました。 好きな生き物は酵母菌、中でもサッカロミセス・セレビシエが好みです。

コメントは受け付けていません。