PC、タブレット、スマホ対応表示 レスポンシブWEBサイトの制作事例紹介


130708-1-4

こんにちは!毎日近すぎるセイコーマートでアイスを買っている今井です。

熱いですね~

今日は連日熱くて家の中で涼んでいる皆様が聞いても喜んでいただけなさそうな、釣りやアウトドアの能書きは飛ばして、シンプルに制作事例のご紹介をさせていただきます。

では、さっそく最近納品したWEBサイト制作のご紹介です。

旭川市のカラーセラピスト、クルール様のWEBサイト制作

130708-1-5

URL:http://sikisaihiroba.com/

こちらのサイトは、PCブラウザだけでなく、タブレットや、スマホで見ても、見ているデバイスのサイズに合わせて、最適なデザインに自動変更されるレスポンシブWEBサイトです。

※レスポンシブWEBサイトデザインとは =

簡単にいえば『ウェブサイト一つで、PC、スマホ、タブレットまで全部対応できるサイトのつくりかた』のことです。

PCブラウザで見た場合

130708-1-7

ipadタブレットの縦比くらいのサイズでみた場合

130708-1-2

スマホで見た場合

130708-1-3

130708-1-6
こんなふうにPCブラウザで、ドラッグ調整して動かしてみるとおもしろいですよ~(笑)

上記写真のように自動でブロックの位置やデザインが変更して、文章などのコンテンツを常に見えやすくして、操作性を落とさないようにしています。

まとめ・感想

メディア視聴行動分析を提供するニールセン株式会社という会社で出しているデータでは、2012年から2013年の1年でPCからインターネットにアクセスする人が87%と前年と変わらず横ばいが、スマホからインターネットにアクセスする人が17%から、35%とほぼ倍に伸びていて、今後もこの割合はどんどん増えるそうです。

このようなデータ以外にもみなさんの実感としても、スマホ多くなっているなぁって感じられる昨今、WEBサイト(ホームページ)は、PCの画面でだけ見やすいつくりでは、多くのユーザーを逃してしまう形となっていくことが今後さらに多くなると思われることから、レスポンシブ化が必須な時代に入ってきたとも言えるのではないしょうか?

せっかく訪れた訪問客に、【見づらい】【操作しづらい】というようなことで、大事なことが伝わらないというようなことがなくなればいいですね!

これから、スマホユーザーのことを考えられるいる方、新規にサイト制作でも、現在のPCサイトをスマホなど別のデバイスに対応させたいとお考えの方も、お気軽にエレメントまでお問い合わせください。

では~


The following two tabs change content below.
今井孔太

今井孔太

(株)エレメントの代表者です。趣味は釣り。体と頭を鍛えチャレンジすること。 夢はエレメントを北海道を代表するメディアカンパニーにすること。 人生の目的はいつまでも関わる人に幸せを届け輝いてつながっていくこと。

コメントは受け付けていません。