忙しいショップ向け! Photoshopで商品写真の切り抜きをする方法


写真の切り抜きをするのに最も楽な方法の1つが[クイック選択ツール](ショートカット:W)です。しかしこのクイック選択ツール,時々使えないですよね。

白背景に青いTシャツやブラウンのメガネなど,濃い色の商品ならうまくできます。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-01

しかし,白背景に淡い色のTシャツやシルバーのアクセサリ,白いお皿など,背景色と商品の色が近いと[クイック選択ツール]ではうまく選択してくれません

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-02

プロであれば撮影時に「黒締め」(背景に黒い紙を置き、黒を写り込ませて輪郭をハッキリと写す方法)をします。しかし,実店舗を経営する片手間で商品撮影・掲載をしているショップなどでは,なかなかそんな機材も時間もないというのが実情でしょう。

そこで今回は,背景に溶け込んでうまく自動選択できない商品画像を秒速で切り抜く方法を,2通りご紹介します。1つは時間はかかるけどキレイに切り抜く方法,もう1つは本当に時間のない方のために,美しさはあまり求めずささっと切り抜き写真を「擬似的」に作ってしまう方法です。

方法1. 手間がかかるが高品質の商品切り抜き写真を作る方法

背景と一体化してうまく自動選択できない商品写真をキレイに切り抜くには[ペンツール](P)を使います。

(1)[ペンツール]を選択して画像を拡大表示(Alt+マウスのホイール)させ,商品の輪郭に沿ってクリックしパス(線)を描画していきます。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-03

(2)輪郭を閉じるためには,最初にクリックしたポイントの上にポインターをもっていきます。するとペンツールのポインターの横に小さい円how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-pencloseが表示されるので,クリックして輪郭のパスを閉じます。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-04

(3)輪郭のパスを閉じたら,右クリック>[選択範囲の作成]をクリック。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-05

(4)すると,商品輪郭に沿って選択範囲を作成することができました。あとは,背景を白くするだけです。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-06

(5)写真をそのままPhotoshopで開いた場合,開いた写真がロックされた背景(=編集できない)となっているので,ロックを解除します。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-07

(6)ロックを解除したら[選択範囲]>[選択範囲を反転](Ctrl+Shift+I)で商品以外の部分を選択させます。描画色が白(#FFFFFF)になっていることを確認し,[編集]>[塗りつぶし](Shift+F5)の[使用]欄で[描画色]を選択,[OK]ボタンをクリックし,商品以外の部分を白抜きにします。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-09

(6)これでキレイに切り抜かれた商品を作ることができます。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-08

少し読んだだけでわかると思いますが,この方法はちょっと面倒ですし時間がかかる!!^^;「そんなに手間かけてらんないよ!;」という方のために,もう1つ,超簡単・短時間に切り抜き写真を作る方法をご紹介します!

方法2. クオリティは求めず短時間で切り抜き写真を作る荒技

美しさはあまり求めないから秒速で商品切り抜き写真をたくさん作らなきゃいけない!! という方のために,ペンツールもクイック選択ツールも使わずにささっと切り抜き写真を作る方法をご紹介します。

この手順では商品を「切り抜く」ことはしません。背景を真っ白に飛ばして「疑似切り抜き写真」を作ります。前提として,白背景で商品を撮影している必要があります。

(1)商品写真をPhotoshopで開き,[イメージ]>[色調補正]>[レベル補正](Ctrl+L)をクリック。

(2)[レベル補正]ウィンドウが現れます。一番右の三角をドラッグし,左の方へスライドさせましょう。すると,淡い白だった部分が真っ白になってくれます。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-10

(3)スライドさせる時にAlt+ドラッグにすると,どこが「真っ白」なのかが一目で分かりやすくなります。目を凝らさなくてもいいので,私はいつもこの方法を使っています。数値が[240]だと画像右側にまだ陰の部分が残っていますね。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-11

(4)これを数値[226]あたりまで上げると,ほぼ陰がなくなります。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-12

(5)これだけで,「疑似切り抜き写真」は完成です。1分もかかりません。

もし余力があればもう少しだけ手間をかけましょう。この方法では,淡い色を真っ白に飛ばすということをしていますので,商品そのものも,しらっちゃけたカンジになってしまいます。それを少し緩和するために以下の手順を踏みましょう。

(6)同じ[レベル補正]ウィンドウで,真ん中の三角マークを右にスライドさせます。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-13

(7)こうすると,白以外の部分の明るさを抑えることができます。この最後の一手間をかけるbefore→afuterは下の画像のようになります。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-14

この最後の手順もほんの数秒もかからないと思いますので,手抜きながらも少しでも見栄えを良くしたい方はぜひやってみてください。

手順1と2の比較:「リアル切り抜き」か「疑似切り抜き」か?

手間はかかるけど画質を落とさずキレイに商品を切り抜くことのできる,方法1。画質はさておき短時間で疑似切り抜き写真を作れる,方法2。それぞれの方法で作った切り抜き写真を並べて比較してみましょう。

how-to-clip-out-quickly-by-photoshop-16

手順1だと色合いが自然なまま切り抜かれています。しかし手順2だと,不自然に明るく,ギラギラしており,陰も残っていたりします。これが手間をかけるかかけないかの質の違いです。

おわりに

ネットショップにおいて購買に大きく影響を与える商品写真。1つの商品につき何枚も写真は用意すると思いますが,1枚目の商品写真は一覧ページ用に切り抜き写真を使っている,というショップさんが多いと思います。

ですがこの切り抜き写真,厄介モノですよね。ちゃんとやろうとすると時間がかかる。[クイック選択ツール]はスピーディに切り抜き作業をすることができますが,背景に近い色の商品の場合はうまく自動選択してくれず,使えません。

「商品写真 切り抜き」で検索しても,デザイナー・写真屋さんが使ってる手法をそのまま紹介しているものばかりで,「そんな手間かけてらんないんだけど…」というのが忙しいネットショップ運営者の本音だと思います。

そこで今回は,忙しいネットショップ運営者の方のために,簡単・短時間で切り抜き写真を作る方法を2通りご紹介しました。少々荒技を使っておりますので,とにかく質より速さを求めている方向けの方法となります。

時間はない…けどキレイな商品切り抜き写真が欲しい方へ

最後に,時間はないけど高画質でキレイな商品切り抜き写真が欲しいという方へ。商品写真はオンラインのショップではものすごく大切な要素です。画質に妥協したくはないけど,そんなことしてる時間がない! あるいはPhotoshopとか用意してらんない! という方は,それを専門にやっている業者に代行するというのもひとつの手です。

弊社では商品画像の加工を含め,デザインやマーケティングなどあらゆる方面からネットショップ運営のお手伝いをしております。お気軽にご相談・お問い合わせください!
» 弊社のお問い合わせページへ


コメントは受け付けていません。